2014年12月13日

AKハンドガード(レイル)について (Strike Industries編)

今回のAKハンドガードはStrike Industriesについて紹介します。

Strike Industries AK TRAX-1/TRAX-2 KeyMod Modular Rail



Strike Industries AK TRAX-1/TRAX-2 KeyMod Modular Rail

薄みのハンドガードでKeyModと、現代的なハンドガードですね。形状はゴテゴテしているように
見えますが、必要なレイルをユーザーの任意に組み替えることができます。



Strike Industries AK TRAX-1/TRAX-2 KeyMod Modular Rail

リテーナーを区切りにして4つのパーツから構成されます。それぞれを任意な組み合わせが可能です。
このレイルを使うことで、いくつかの組み合わせを楽しむことが可能です。便利な機能ですね。
個人的には3つ装着した姿がスタイリッシュだと感じます。あえてハンドガード部の2つでも軽量で良さそうですね。
4つ装着した場合はkrebsのkey modのようにも見えます。



Krebs Custom UFM keymod rail long

Krebs Customの参考画像です。Strike Industriesのレイルを4つ装着していると、この姿に似てるような気がします。



Strike Industries AK Rear sight systems

Strike Industriesと言えば、特徴的なリアサイトも有名ですよね。小型の光学機器用にレイルがオフセット
できますが使い易いのでしょうか。ボルトを引く際に邪魔になりそうな気がします。




Strike Industries の広告はメカニカルな感じがしてカッコいいですね。Krebsは淡々としてMIはUSA!というイメージです。
Strike Industries のレイルが一つあれば、組み合わせの自由度が高くて良いですね。
複数のレイルを購入するよりも金銭的にも優しいかと思います。






この記事へのコメント
ごてごて着けるより、必要な場所につける方がすっとしてスタイリッシュでカッコいいね(`ー´ゞ-☆
Posted by いわな at 2014年12月18日 08:29
いわなさん
最近のトレンドとしてはスマートなレイルが多いですね。
あまりに肉抜きしすぎて、強度が減ってしまうのではないかと
心配になりますが笑
Posted by 「クマ」「クマ」 at 2014年12月19日 01:19
Все файлы размещенные на сайте проверены антивирусом.
У вас ведь никогда не было женщины, да?
Скачать подробнее защитники сада.
Меня тут же захотели измерить.
Просто подумайте, с какой божественной сущностью вы хотели бы породниться.

cccp
Posted by Robertonibak at 2016年01月03日 23:42
ている
Posted by Katelyn1975 at 2016年04月16日 15:21
ィティーを、なし崩しに包囲するここでは社会や組織という枠に支配された男性の滑稽さが、
Posted by Seth2015 at 2016年04月16日 19:21
『箱男』(一九七三年)は、いちいち粗筋を再確認する必要はないほど著名な作品だ一人の男
Posted by julian1989 at 2016年04月17日 01:34
んで、いちいち、あらがうこの高校教師の心が、法律や常識、世間体、貸借対照表に支配され
Posted by jacob83 at 2016年04月17日 04:25
http://www.indyarocks.com/profile/8562114/Julio-Chambers - そして『砂の女』と『箱男』の二作品は、いったい文学の何がわれわれを打つのかを明瞭に示し
Posted by brian1997 at 2016年04月17日 04:38
ある意味で『箱男』は、予言的な作品ですらある平成の現在、東京都内の至るところの公園や
Posted by GabrielleKed at 2016年04月17日 04:52
無稽は、たとえばアンチロマン風の知的仕掛けに満ちた文学的冒険ではないかと思いたがるだ
Posted by aidan2009 at 2016年04月17日 05:23
——「顔を失った男の存在証明」の主題 - http://mietociwa.wordpress.com
Posted by lucas2003 at 2016年04月17日 05:39
しかし、ないものねだりを云々するのはやめよう
Posted by Chloe2000 at 2016年04月17日 05:55
まずはこう、断定してみたい
http://www.gallerytwosix.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=12724
Posted by richard1991 at 2016年04月21日 04:53
った「不条理」「無限」「宇宙」であり、ここに描かれるドラマは、合理的価値観の根拠を崩さ
http://w.zimfashionweek.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=68400
Posted by Gabriel1977 at 2016年04月21日 05:15
、偶然にも「水」を生み出す逸話は、素晴らしい砂丘全体がポンプになりうる「貯水装置」の
http://in2it-homes.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=963267
Posted by sarahKed at 2016年04月21日 05:36
ることで、めざましいものとなるこの寡黙で無表情だが生活力のある女は、東洋的、アジア的
http://www.ayna.af/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1514
Posted by hailey1997 at 2016年04月21日 05:57
それがたまたま『箱男』であったとしたら、そこには起こりうる限りの最悪の事態が予想される
http://cororondalosforamontanos.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=63427
Posted by claire88 at 2016年04月21日 06:19
、物理的な「砂」の迷宮に迷い込む
http://aris-globaldemo.agwebtest.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=302613
Posted by elizabeth03 at 2016年04月21日 06:40
というわけで期待してページを開いた『箱男』を、半分、いや、三分の一も読み進めると、この
http://www.revsandracoleman.com/joomla/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=11402
Posted by christianKed at 2016年04月21日 07:02
砂の女』の随所で感じた息苦しい不安や、悪夢のような胸騒ぎを、『箱男』には感じない換言
http://www.emav.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=177280
Posted by Austin1971 at 2016年04月21日 07:23
ていることが強調される
http://italautocenter.com.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1006272
Posted by gabriellaKed at 2016年04月21日 07:45
いるいかにも、現代文学のアイディアとしてはOKだ
http://www.tstn.ir/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=45696
Posted by Joshua2001 at 2016年04月21日 08:28
そして最良の文学作品は、しばしば古代の石造建築のような、堅固たる実在感を持って立ち現
http://thebodyworksfl.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=68824
Posted by kaylee46 at 2016年04月21日 08:50
が見えにくくなっているのが、日本のみならず、近年の世界的な風潮らしいと思ったからである
http://danifoodsindonesia.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=58788
Posted by nathaniel1983 at 2016年04月21日 09:11
ち込んでおり、さもなければ、想像力というよりむしろ空想力の産物とでも言いたくなるような
http://www.badebois.fr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=44471
Posted by sebastian2007 at 2016年04月21日 09:33
リティの確認でもある
http://specsinteractive.com/tgn2/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2726
Posted by aaron2010 at 2016年04月21日 09:54
にバケツを下ろした「作者」「小説家」との共犯関係によってのみ、はじめて成立するのである
http://vinosylicoresmundiales.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=878539
Posted by Ashton2012 at 2016年04月21日 10:16
から眺めると、百の智恵をつなぎあわせたような迷路なのだ」
http://www.alski.nl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=819347
Posted by marissa81 at 2016年04月21日 10:39
いう違いであるまたこの路線の違いを比較することは、思想性のある小説の創作者が陥りがち
http://igmmasonry.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=153626
Posted by Matthew18 at 2016年04月21日 11:00
なお涸れることない清冽な「地下水」の輝きと出会うはずだ
http://www.americanlocksmithatlanta.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=116757
Posted by anna2016 at 2016年04月21日 11:21
という、あやふやで、素朴で、無謀な問いを探ってみたい
http://thermohauser-rus.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=51537
Posted by Colin2014 at 2016年04月21日 11:43
男は《希望》と名付けられた鴉捕りの罠により、砂まみれの日常からの新たなる脱出を試みるが
http://hebbessupport.nl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=64712
Posted by Faith2010 at 2016年04月21日 12:06
地獄めぐり・胎内めぐり・鏡の間
http://www.canberrastrobist.com.au/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=121890
Posted by Ava1970 at 2016年04月21日 12:27
活の荒廃を予告しているしかし、「箱」の空虚な設計図ふうの解説からは、とってつけたよう
http://maylandcabinet.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=135649
Posted by ElizabethKed at 2016年04月21日 12:50
のだしかもこれは、一度味をしめたら、決して忘れられない中毒性の快楽である(だから
http://www.redshiraz.pl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=116843
Posted by grace2003 at 2016年04月21日 13:12
語られていることである
http://anellioriginals.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=45886
Posted by Isabel69 at 2016年04月21日 13:34
客体化されるのだ
http://geserv.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=132814
Posted by Julia2014 at 2016年04月21日 13:56
るが、感情的・意志的主体として造型しえていないことと、あながち無縁ではないだろう
http://www.dacsanrung.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=98349
Posted by Evelyn48 at 2016年04月21日 14:18
しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://www.infantedc.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=325954
Posted by isaiah2002 at 2016年04月21日 14:39
「箱から出るかわりに世界を箱の中に閉じこめてやる」
http://grandlong.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=63875
Posted by amber2015 at 2016年04月21日 15:01
の面白さとは、一線を画するしかし、その味覚の違いが、現代では、意外に曖昧なのではな
http://macami.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=369255
Posted by arianaKed at 2016年04月21日 15:23
ろう
http://centros.su/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1848
Posted by kaylee2013 at 2016年04月21日 15:45
少なくとも『砂の女』では、このような事態は起こらなかった主人公・仁木順平の饒舌は、不
http://www.rama-cs.com/tourism/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=23935
Posted by MollyKed at 2016年04月21日 16:07
というものを再確認することができる
http://postoecobr.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=101672
Posted by Cameron1973 at 2016年04月21日 16:30
このぼんやりと視界の定まらない霧の風景の中に、安部公房の作品について、恐る恐る観測気球
http://abarancapital.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=849321
Posted by Devin2005 at 2016年04月21日 16:52
この作品で最も魅惑的なのは、人間心理や人物造型以上に、むしろそれらを打ち消す否定力とし
http://serzha-blog.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=347596
Posted by Abigail43 at 2016年04月21日 17:15
起こっているように思われる
http://www.rotoingenieria.com.co/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=913768
Posted by audreyKed at 2016年04月21日 17:37
というものを再確認することができる
http://www.angolodellanatura.tv/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=97267
Posted by Melanie2005 at 2016年04月21日 17:59
その内奥の領域とは、作家の側からすれば、〈創造の源泉〉そのものであり、「登場人物」の
http://oneabalone.com.au/oneabalone.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3417
Posted by Michael60 at 2016年04月21日 18:21
言葉と、小説空間を埋めている何百tもの砂の重量が、均衡している 読者は、〈砂のニヒリ
http://www.gulfresearcher.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=689970
Posted by john2011 at 2016年04月21日 18:43
ダで書かれただけの小説」「皮膚感覚で書かれただけの小説」が多すぎるとも思うこの言い回
http://specialresponsediver.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=42030
Posted by Sebastian2016 at 2016年04月21日 19:06
れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
http://logosgonewild.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=204241
Posted by gavin1993 at 2016年04月21日 19:28
概念的な知的饒舌である
http://www.ragstyle.com.co/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=44163
Posted by jordan1984 at 2016年04月21日 19:50
もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://www.reydreyes.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1037997
Posted by JackKed at 2016年04月21日 20:12
ッキリしてくるらしい
http://www.swvirtual.com.ar/site2/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2126
Posted by Zoe2014 at 2016年04月21日 20:34
『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
http://www.drumscene.com.au/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=93659
Posted by Aiden2015 at 2016年04月21日 21:18
てくれるヒントに満ちた、貴重な比較サンプルのように思えてくるのである
http://aes.jcweb.us/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=52885
Posted by JuliaKed at 2016年04月21日 21:42
奇怪なハニートラップによって、「砂掻き」を強制された男が相手にしているのは、砂の形をと
http://best-tlt.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=318902
Posted by megan00 at 2016年04月21日 22:04
界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
http://www.nafdac.gov.ng/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=419259
Posted by jake2013 at 2016年04月21日 22:26
りは言い切れない、高次の象徴性を実現した作品との差異が、歴然としていることに驚かされる
http://www.ceapvkenya.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=524396
Posted by Hunter2006 at 2016年04月21日 22:49
「小説の価値評価など、いまどきナンセンス、何が文学で何がそうではないかなど、どうでもい
http://www.silvashaw.co.za/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=435197
Posted by mackenzieKed at 2016年04月21日 23:10
薄味のファンタジーに堕している広告コピーが何と叫ぼうが、本の帯がどんなに饒舌に語ろ
http://hostlansystem.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=72060
Posted by luke2002 at 2016年04月21日 23:33
の「ぼく」は、小説の主題をバスガイドのようにアナウンスしてくれるのである評者へのエサ
http://www.elitecharterdecolombia.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=53455
Posted by sean2016 at 2016年04月21日 23:55
一体、文学の価値評価とは何を尺度とするものなのか
http://www.crystalcreations.co.za/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=942
Posted by Alejandro05 at 2016年04月22日 00:18
ろう
http://mitchellrubbereurope.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=210090
Posted by Christian1993 at 2016年04月22日 00:40
れた」という一方で、安部公房自身は、候補として並べられる井上靖、井伏鱒二を、それぞ
http://www.innosoftsolutions.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16036
Posted by Antonio1976 at 2016年04月22日 01:03
しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
http://www.jesusfriend.eu/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=92558
Posted by nathanKed at 2016年04月22日 01:25
れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
http://www.aintouraelmaten.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=125202
Posted by Mackenzie2000 at 2016年04月22日 01:48
の「ぼく」は、小説の主題をバスガイドのようにアナウンスしてくれるのである評者へのエサ
http://www.royalsbarbershop.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=119747
Posted by elizabeth76 at 2016年04月22日 02:10
顕れ、ぐらいの意味はあるはずだ
http://www.arcoseguros.com/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2492
Posted by riley87 at 2016年04月22日 02:33
『箱男』は、安部公房的な作品を書こうとして失敗したエピゴーネン作家の作品のように見えて
http://j25.codextension.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=72091
Posted by carlos2016 at 2016年04月22日 02:55
『箱男』の最後のページを閉じた後、安部作品に好意的な読者ですら、こうつぶやくはずだ
http://specsinteractive.com/tgn2/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2753
Posted by NoahKed at 2016年04月22日 03:16
「物語作家」「随筆作家」を否定する新たな文学構築
http://ifit.by/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=86350
Posted by christopherKed at 2016年04月22日 03:38
読者は、文学作品において、不定形で未分化の「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」と出
http://christianmums.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=250291
Posted by emily2008 at 2016年04月22日 03:59
鱒二、少し時代を経て村上春樹が、この賞の候補者である川端康成、大江健三郎は受賞者だが
http://www.superyu.idv.tw/joomla/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=7384
Posted by WilliamKed at 2016年04月22日 04:22
うが、この作品はそうはなっていない「箱」はもはや「砂」のように謳いあげられ、象徴化さ
http://www.cubanacafenyc.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=148070
Posted by aaliyah41 at 2016年04月22日 04:43
公房文学論として書評で語られそうな言葉が、なんと「箱男」本人によって、先回りして早口に
http://sandrpcrepair.com/sandrstore/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=33162
Posted by rebecca1996 at 2016年04月22日 05:06
しかしそれらの思想が、小説として肉化・深化されているとは言い難い唖然とするのは、安部
http://leba-bialystok.pl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=133703
Posted by Blake1992 at 2016年04月22日 05:28
たはずである
http://www.tc-group.it/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=322058
Posted by JenniferKed at 2016年04月22日 05:51
もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://www.adriairproject.eu/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=316409
Posted by Julia2012 at 2016年04月22日 06:12
客体化されるのだ
http://www.pastapantanella.com/english/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=32059
Posted by Antonio2002 at 2016年04月22日 06:33
学の実質・実感とは何かを問い直すことに通じるそれは、個々の読者による「読み」のリア
http://msdconsultant.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=100712
Posted by Isaac2003 at 2016年04月22日 06:56
日本の作品では『山椒魚』や『抱擁家族』の皮肉な滑稽さをも、重ね合わせることもできるだ
http://gigantebay.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=59855
Posted by Juan1972 at 2016年04月22日 07:18
の小文では、この軸を一巡りすることにするそれによって、「文学の魅力、面白さとは何か」
http://www.und.mihor.ro/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=108476
Posted by bailey2006 at 2016年04月22日 07:40
それがたまたま『箱男』であったとしたら、そこには起こりうる限りの最悪の事態が予想される
http://www.platmodul.se/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=49871
Posted by jackson2005 at 2016年04月22日 08:03
薄味のファンタジーに堕している広告コピーが何と叫ぼうが、本の帯がどんなに饒舌に語ろ
http://www.giraporlaalegria.cl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=557663
Posted by Dylan2014 at 2016年04月22日 08:24
すれば「文学」を感じないこれは、作家が主人公の「箱男」を、知的主体として描いてはい
http://celisyasociados.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=115545
Posted by lucas22 at 2016年04月22日 08:46
創造のリビドーが小説の根幹を貫いているような充実した感銘は、ここにはない
http://v3machinetools.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=17819
Posted by JosephKed at 2016年04月22日 09:09
なのか、過剰サービスなのか、さもなければ作者自身の方法論的不安や迷いのように思えてくる
http://reviewsrealestate.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=269911
Posted by EmmaKed at 2016年04月22日 09:31
る「砂」から、さまざまなメタファーや寓話を読み取る誘惑を、押さえきれない
http://www.lesailesdupossible.fr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=51758
Posted by Timothy02 at 2016年04月22日 09:52
むしろ、私小説的な感覚的トリビアリズムや、「身につまされる小説」を過大評価しがちな日本
http://www.udruga-srce-rija.com/using-joomla/extensions/components/users-component/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=7724
Posted by jeremiah2016 at 2016年04月22日 10:15
『箱男』(一九七三年)は、いちいち粗筋を再確認する必要はないほど著名な作品だ一人の男
http://tuvozglobal.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=254530
Posted by kylieKed at 2016年04月22日 10:36
れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
http://www.pvni.vn/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=80741
Posted by timothyKed at 2016年04月22日 10:58
『他人の顔』の繃帯を顔に巻いた主人公の知的饒舌に忍耐強くつきあっていても、魚が針をくわ
http://relojesdesilicon.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=92653
Posted by averyKed at 2016年04月22日 11:19
である
http://cis.dm/tech4less/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=12307
Posted by Matthew50 at 2016年04月22日 11:42
都市の殺伐さが、心象風景の「詩」として料理されていれば、そこに「文学」が現出するだろ
http://www.enmahouse.bh/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=117690
Posted by amia1990 at 2016年04月22日 12:04
が急死しなければ、ノーベル文学賞を受けていたでしょう非常に近かった」(二〇一二年三月
http://www.alski.nl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=819347
Posted by Trinity2002 at 2016年04月22日 12:27
客体化されるのだ
http://www.intrinsicpdx.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=57736
Posted by marissaKed at 2016年04月22日 12:48
物語ではやがて、「箱男」に加え、「偽箱男」や、「看護婦」などが登場し、道具立てだけがに
http://www.sistemaip.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=18555
Posted by blakeKed at 2016年04月22日 13:10
しかし多少とも「文学」の味読に通じたすれっからしの阿片吸引者が飢えているのは、感嘆すべ
http://postoecobr.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=101672
Posted by Maya2015 at 2016年04月22日 13:33
しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://786marketing.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=103322
Posted by marissa2014 at 2016年04月22日 13:55
意識の深層領域へと降りていくからこそ、「個」は普遍的位相へとつながり、瑣末な事象は象徴
http://tennesseestrong.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=127975
Posted by Molly31 at 2016年04月22日 14:18
うが、この作品はそうはなっていない「箱」はもはや「砂」のように謳いあげられ、象徴化さ
http://www.cjbovarods.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=60569
Posted by alyssaKed at 2016年04月22日 14:40
、偶然にも「水」を生み出す逸話は、素晴らしい砂丘全体がポンプになりうる「貯水装置」の
http://swiftintermove.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=35718
Posted by john81 at 2016年04月22日 15:03
ている
http://www.harrisburgvip.com/plc.v30/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2984
Posted by Jose1992 at 2016年04月22日 15:25
りすらしていないこれはフォスターにいわせれば、井戸に「バケツ」が下ろされたかどうかと
http://www.connect.ayushworld.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=88272
Posted by Mary1987 at 2016年04月22日 15:46
遠景でもありうる遠近法のヴィジョンとなる
http://www.mbesq.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=77556
Posted by Aidan2011 at 2016年04月22日 16:09
「下層にひそんでいる個性は、じつに不思議なものだ完全なバカといった面も多分に備えてい
http://www.h5surveying.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=714975
Posted by amia2012 at 2016年04月22日 16:31
さらには、そうとばかりは言い切れないどころか、そこに時代を超越した「文学そのもの」を再
http://www.kosmeticaprof.su/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=685814
Posted by Alexis1990 at 2016年04月22日 16:53
性すら感じられる
http://deltaholdingslanka.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=216835
Posted by Jesus2014 at 2016年04月22日 17:16
しかし、ないものねだりを云々するのはやめよう
http://aestus24.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=9276
Posted by Leslie2001 at 2016年04月22日 17:37
紙面にだらしなく垂れたまま、溜息をもらすしかない
http://www.patriarcadognosticosucesorio.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=618656
Posted by BrianKed at 2016年04月22日 18:00
ダンボール箱は、すでに無残にも解体しかかっているのではないかという疑惑を、打ち消すこと
http://tdecor.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=67041
Posted by Faith1999 at 2016年04月22日 18:22
、物理的な「砂」の迷宮に迷い込む
http://ufo-ves.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5802
Posted by Adrian1977 at 2016年04月22日 18:44
部のめざす「小説・文学」と、「物語」「随筆」の違いは何か
http://shmail.sh.medicbaclieu.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=134142
Posted by chloe1979 at 2016年04月22日 19:06
どうやら『砂の女』で国際的名声を確立したわずか二年後の『他人の顔』(一九六四年)から
http://washkings.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=336648
Posted by ChristopherKed at 2016年04月22日 19:30
たはずである
http://www.elearngroup.com/home/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=29924
Posted by jackKed at 2016年04月22日 19:52
まずはこう、断定してみたい
http://www.superhelmetsgame.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=278446
Posted by PaigeKed at 2016年04月22日 20:15
ラストで主人公は、自分の発明した留水装置への想いを共有したいばかりに、砂の村に留まるこ
http://www.ican.si/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1061
Posted by ElizabethKed at 2016年04月22日 20:37
「ここ」というのは、「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」のことである
http://www.100uniforms.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=55975
Posted by hannahKed at 2016年04月22日 21:00
「見る者・見られる者」「匿名性」「存在証明」「帰属意識」うんぬん、かんぬん……
http://www.frizzevilanova.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=579986
Posted by LandonKed at 2016年04月22日 21:22
ては残酷な言葉であるが、これは真実だ
http://efesbronze.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=35070
Posted by Angel57 at 2016年04月22日 21:43
「じっさい箱というやつは、見掛けはまったく単純なただの直方体に過ぎないが、いったん内側
http://castellana.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=13337
Posted by GabrielleKed at 2016年04月22日 22:06
この作品で最も魅惑的なのは、人間心理や人物造型以上に、むしろそれらを打ち消す否定力とし
http://medmolds.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=6785
Posted by wyattKed at 2016年04月22日 22:28
獄めぐり」「胎内めぐり」の気配と陰翳を持っているそれは何故か——
http://search4home.ca/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=751443
Posted by JeremiahKed at 2016年04月22日 22:51
しは、フィクションを作らない作家が、己の創造力の乏しさを棚に上げ、ごまかすような隠れ蓑
http://www.espaidartfotografic.com/joomla/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=25714
Posted by Emily1973 at 2016年04月22日 23:13
る全裸の女のエロティシズムは、それまで過剰なまでに描写されてきた「砂」によって縁取られ
http://time-adventure.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=85570
Posted by Dominic1993 at 2016年04月22日 23:35
、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
http://usf-umt.ma/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=57642
Posted by Elijah1986 at 2016年04月22日 23:58
疎外」「自由への渇望」「逆説的な愛」「定住と失踪」のモチーフが、見事に交信している
http://www.nyanjalodges.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=95231
Posted by madeline2014 at 2016年04月23日 00:18
しかし、ないものねだりを云々するのはやめよう
http://www.japaneseautoworld.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=245915
Posted by jamesKed at 2016年04月23日 00:40
紙面にだらしなく垂れたまま、溜息をもらすしかない
http://efp-productos.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=58937
Posted by Angelina83 at 2016年04月24日 00:53
りすらしていないこれはフォスターにいわせれば、井戸に「バケツ」が下ろされたかどうかと
http://bloom.com.do/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16961
Posted by savannah83 at 2016年04月24日 01:35
しかし、まんざら無関係ともいえないだろう少なくとも、文学的価値基準の集合的無意識の
http://kursy4u.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=732795
Posted by logan1983 at 2016年04月24日 01:58
ダで書かれただけの小説」「皮膚感覚で書かれただけの小説」が多すぎるとも思うこの言い回
http://soshse.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=113512
Posted by sebastian1997 at 2016年04月24日 02:19
気ない灰色の日常から逃れ、辺鄙な村落に辿り着いたそこでこの人物は、もうひとつの「砂」
http://www.reflexionciudadana.mx/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=29017
Posted by stevenKed at 2016年04月24日 02:42
条理な砂丘の空間の中で、彼の小市民的インテリとしての輪郭を、明確に際立たせる効果があ
http://jdeihe.ac.ir/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=146925
Posted by Sophia42 at 2016年04月24日 03:03
ッキリしてくるらしい
http://184.154.233.3/~votestep/site/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2787
Posted by Marissa87 at 2016年04月24日 03:26
『砂の女』(一九六二年)は、高校教員の主人公・仁木順平が、ハンミョウの昆虫採集の途中に
http://kitchencojo.com/home/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4752
Posted by DanielleKed at 2016年04月24日 03:48
なら、現代の文化は、ひとつの芸術ジャンルのみならず、ひとつの〈叡智の形式〉そのものを、
http://monofon.16mb.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=267
Posted by anthonyKed at 2016年04月24日 04:10
しかし、残念なことに、『箱男』は、いわゆる「アタマで書かれただけの小説」の悪いところが
http://mezgil-info.kz/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16633
Posted by Gabrielle1999 at 2016年04月24日 04:33
のだしかもこれは、一度味をしめたら、決して忘れられない中毒性の快楽である(だから
http://maylandcabinet.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=135649
Posted by dominic2005 at 2016年04月24日 04:54
というわけで期待してページを開いた『箱男』を、半分、いや、三分の一も読み進めると、この
http://aerodesign.ca/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1033095
Posted by cody1988 at 2016年04月24日 05:16
安部公房は、受賞を競りあう井上靖、井伏鱒二を、「物語作家」「随筆作家」と否定した安
http://www.fgstechnology.gr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=823031
Posted by Haley1974 at 2016年04月24日 05:38
き密度と奥行きを持ち、再読してなお、細部を吟味するに値する文学作品だ
http://thelast9seconds.goldengoalscoring.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=340415
Posted by Cameron42 at 2016年04月24日 06:01
、偶然にも「水」を生み出す逸話は、素晴らしい砂丘全体がポンプになりうる「貯水装置」の
http://amalurcanoa.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=110303
Posted by gabrielKed at 2016年04月24日 06:25
奇怪なハニートラップによって、「砂掻き」を強制された男が相手にしているのは、砂の形をと
http://assembly.ic-ie.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=313026
Posted by mia2012 at 2016年04月24日 06:49
「下層にひそんでいる個性は、じつに不思議なものだ完全なバカといった面も多分に備えてい
http://www.edem-votkinsk.ru/tour-service/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=9774
Posted by matthew1980 at 2016年04月24日 07:11
現代の神話と肉化された思想——『砂の女』
http://www.elitedocks.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=124781
Posted by austin2002 at 2016年04月24日 07:34
少なくとも『砂の女』では、このような事態は起こらなかった主人公・仁木順平の饒舌は、不
http://www.poesiacreativa.com/cholyvidal/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2046
Posted by jake1973 at 2016年04月24日 08:03
この一節は、安部の他の作品ですら見当たらないような金言だ自己破壊からの自己救済この
http://www.portal-msp.pl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=169152
Posted by mary79 at 2016年04月24日 08:30
った圧倒的な「砂」の前に、表層的な理性など無力だという暗示があったところが『箱男』
http://www.seo.org.sg/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=24848
Posted by julia2004 at 2016年04月24日 08:56
、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
http://yabanakimou.gr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=181504
Posted by Carlos1982 at 2016年04月24日 09:22
にとって、作品は全く存在すらしていない」というようなことを、繰り返し語った作家にとっ
http://www.evgtrans.com/welcome/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1463
Posted by Miguel2015 at 2016年04月24日 09:49
条理な砂丘の空間の中で、彼の小市民的インテリとしての輪郭を、明確に際立たせる効果があ
http://azbuz.medicbaclieu.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=134142
Posted by trinity2016 at 2016年04月24日 10:20
『箱男』(一九七三年)は、いちいち粗筋を再確認する必要はないほど著名な作品だ一人の男
http://kristenbellrd.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1060182
Posted by Irea68 at 2016年04月24日 10:49
その奇怪とすらいえる感銘こそが、われわれが曖昧にも「文学」と名付けている得体の知れない
http://www.costafilm.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=148740
Posted by carlos1980 at 2016年04月24日 11:17
が匿名となり、ダンボール生活を始める物語である
http://ufo-ves.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5802
Posted by ashton2006 at 2016年04月24日 11:49
条理な砂丘の空間の中で、彼の小市民的インテリとしての輪郭を、明確に際立たせる効果があ
http://www.comercialbenavides.com.ec/tienda/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3843
Posted by Leslie2001 at 2016年04月24日 12:23
地獄めぐり・胎内めぐり・鏡の間
http://houstonstuccodoneright.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=63491
Posted by Katherine2001 at 2016年04月24日 12:58
無名ということ』フォスター評論集)
http://www.ayna.af/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1514
Posted by anthonyKed at 2016年04月24日 13:32
fx-brokers-review.com/index_pk.html غیر ملکی کرنسی کمپنیوں کا تجزیہ اور موازنہ.
Posted by FXBrokerLib at 2017年08月26日 00:06
These blood meals are sucked in through the piercing sucking mouthparts at the "north Generally speaking, bed bugs spend most of their time hiding. .... four chairs, and an upholstered chair in front of a television set on a plastic milk crate. Jan 18, 2017 Buy Not Going Out: Series 1-7 DVD from our Drama DVDs range at Tesco direct. We stock a great range TV & Home Cinema В· All TV & Home
http://supercoolshop.co
12 Nov 2016 Lodi seller to appear on "American Pickers" TV show Monday The episode shows footage of downtown Lodi and the pickers pulling up to View All TV Shows; All Genres; Comedy; Documentaries; Drama; Entertainment Adventurin' With Hooten & The Lady .... Bon Jovi: Live From London 1995.
Posted by JerryGauri at 2017年11月21日 21:44
が見えにくくなっているのが、日本のみならず、近年の世界的な風潮らしいと思ったからである
http://ocenhisgu.wordpress.com
Posted by gavinKed at 2018年08月30日 01:01
無論この作品にも、「顔」や「仮面」「存在証明」や「社会の中の匿名性」「自己存在の根拠」
http://tobannessprog.wordpress.com
Posted by Sarah2013 at 2018年08月31日 17:28
『他人の顔』
http://corroter45.wordpress.com
Posted by alexandra1980 at 2018年08月31日 18:09
『砂の女』からは、カフカや、カミュの作品のみならず、旧約の『ヨブ記』や、ギリシャ悲劇、
http://codebule.wordpress.com
Posted by trinity2015 at 2018年08月31日 18:51
ち込んでおり、さもなければ、想像力というよりむしろ空想力の産物とでも言いたくなるような
http://teisehydtouchs.wordpress.com
Posted by Savannah19 at 2018年08月31日 19:46
ことによると『砂の女』という作品のみが、例外的な奇蹟・恩寵の類だったのだろうか
http://swinechegar.wordpress.com
Posted by isabella08 at 2018年08月31日 20:28
その位相では、ひとつの人物や、ひとつの状況、ひとつのイメージが、近景でもあり、なおかつ
http://apexla42.wordpress.com
Posted by Brooke2002 at 2018年08月31日 21:10
獄めぐり」「胎内めぐり」の気配と陰翳を持っているそれは何故か——
http://ofelribe.wordpress.com
Posted by ariana1980 at 2018年08月31日 21:52
んで、いちいち、あらがうこの高校教師の心が、法律や常識、世間体、貸借対照表に支配され
http://cumstojosda.wordpress.com
Posted by AaliyahKed at 2018年08月31日 22:47
意識の深層領域へと降りていくからこそ、「個」は普遍的位相へとつながり、瑣末な事象は象徴
http://hodedme1968.wordpress.com
Posted by nicholasKed at 2018年08月31日 23:26
現代の小説は、知的器械体操のアクロバットか、私小説の開き直りか、といった二分法の中に落
http://apgronepte.wordpress.com
Posted by ava57 at 2018年09月01日 00:07
しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://denkejothint.wordpress.com
Posted by elijah1977 at 2018年09月01日 01:00
どこかで見失ってしまったのではないか安部公房は、作家としてかつて秘めていた暗くくすぶ
http://cohysheaddtanku.wordpress.com
Posted by abigail2011 at 2018年09月01日 01:43
学の実質・実感とは何かを問い直すことに通じるそれは、個々の読者による「読み」のリア
http://stabathanin.wordpress.com
Posted by jason77 at 2018年09月01日 02:35
まるごと失ったといってもいい
http://vorfadedpplic.wordpress.com
Posted by antonio47 at 2018年09月01日 03:16
かつて自ら、「仁木順平」に化身して、さらさらと崩れる砂の斜面に滑り落ちていった安部公
http://obmetroawal.wordpress.com
Posted by cole25 at 2018年09月01日 04:00
この退屈にして殺風景な出版状況の中で、「知的アクロバット」系文学の元祖と思しき安部公房
http://hoffsedif32.wordpress.com
Posted by Isaiah03 at 2018年09月01日 04:16
語られていることである
http://icnanliasi.wordpress.com
Posted by Hailey1987 at 2018年09月01日 04:59
カを継承しつつ、それを乗り越えんとする国際作家の最高傑作登場か、といったときめきを覚え
http://taripachan.wordpress.com
Posted by GabriellaKed at 2018年09月01日 05:41
ての「砂」の存在感であろう啄木に言わせれば「握れば指の間より落つ」ところの、何の変哲
http://aspisesning.wordpress.com
Posted by paigeKed at 2018年09月01日 06:37
る内圧力を失ってしまったのではないか、と
http://neimiro69.wordpress.com
Posted by sara2007 at 2018年09月01日 07:23
「見る者・見られる者」「匿名性」「存在証明」「帰属意識」うんぬん、かんぬん……
http://precevin1995.wordpress.com
Posted by ethan1988 at 2018年09月01日 07:54
『他人の顔』
http://syrdymigo.wordpress.com
Posted by Aaron82 at 2018年09月01日 08:35
ダンボール箱は、すでに無残にも解体しかかっているのではないかという疑惑を、打ち消すこと
http://trigovkeyte.wordpress.com
Posted by jake1982 at 2018年09月01日 09:17
こんな説明も、無力な弁護士による最終弁論のように聞こえてしまう
http://versaringsa.wordpress.com
Posted by jose2012 at 2018年09月01日 10:00
たはずである
http://pordocon56.wordpress.com
Posted by Ian2002 at 2018年09月01日 10:35
「箱から出るかわりに世界を箱の中に閉じこめてやる」
http://nsidevvemi.wordpress.com
Posted by sophia2014 at 2018年09月01日 11:19
「下層にひそんでいる個性は、じつに不思議なものだ完全なバカといった面も多分に備えてい
http://nettpillbungmi2996.wordpress.com
Posted by Colin1986 at 2018年09月01日 12:25
砂丘の村に迷い込み、砂穴の底に住む女との生活を始める話である仁木は、「砂」のように味
http://esanancon.wordpress.com
Posted by riley1976 at 2018年09月01日 12:51
この村は、砂の密売を業としており、主人公は「砂掻き」作業を手伝わされるハメになる賽の
http://surflavelko.wordpress.com
Posted by Danielle2000 at 2018年09月01日 13:58
れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
http://etamrosi.wordpress.com
Posted by gabrielKed at 2018年09月01日 14:48
「箱から出るかわりに世界を箱の中に閉じこめてやる」
http://ninryuhea15.wordpress.com
Posted by Nicole2003 at 2018年09月01日 14:57
奇怪なハニートラップによって、「砂掻き」を強制された男が相手にしているのは、砂の形をと
http://uncitcinet.wordpress.com
Posted by carterKed at 2018年09月01日 16:01
ある
http://bourcentstan1972.wordpress.com
Posted by Autumn1981 at 2018年09月01日 16:34
は驚かされる
http://daynadestmarg.wordpress.com
Posted by eric2016 at 2018年09月01日 17:07
ている
http://indiocreanreab.wordpress.com
Posted by Kaitlyn55 at 2018年09月01日 19:22
結果、文字通り「アタマで作った小説」になり果てた好意的な読者は、『箱男』後半部の荒唐
http://tracderveti.wordpress.com
Posted by Jose2014 at 2018年09月01日 19:53
そして『砂の女』と『箱男』の二作品は、いったい文学の何がわれわれを打つのかを明瞭に示し
http://unyslagua.wordpress.com
Posted by brooke52 at 2018年09月01日 20:50
しかし、現代社会を考察する「考えるヒント」の叩き台になりえても、それは「文学」のもたら
http://rowsrerighkwor.wordpress.com
Posted by juanKed at 2018年09月01日 21:42
『他人の顔』
http://credicpasco.wordpress.com
Posted by Xavier77 at 2018年09月01日 22:09
このぼんやりと視界の定まらない霧の風景の中に、安部公房の作品について、恐る恐る観測気球
http://blogtipo1992.wordpress.com
Posted by stevenKed at 2018年09月01日 22:47
奇怪なハニートラップによって、「砂掻き」を強制された男が相手にしているのは、砂の形をと
http://arkiebocas.wordpress.com
Posted by Aaliyah2010 at 2018年09月02日 00:36
なやましさがつきまとうそれは人格形成や、教養の類でもなく、もっと野蛮でアナーキーなも
http://wildtoppmen1993.wordpress.com
Posted by EmmaKed at 2018年09月02日 00:56
——『砂の女』は面白い『箱男』はつまらない
http://subsmasli60.wordpress.com
Posted by christopher2008 at 2018年09月02日 01:31
しかし重要なのは、ひとつの主題を象徴的に深化させ、イメージとして造型させる強靱さであ
http://ahlyteci.wordpress.com
Posted by allison1975 at 2018年09月02日 02:17
にバケツを下ろした「作者」「小説家」との共犯関係によってのみ、はじめて成立するのである
http://hayfirsdandro.wordpress.com
Posted by ryanKed at 2018年09月02日 11:16
まるごと失ったといってもいい
http://wouldglisri1966.wordpress.com
Posted by Hayden77 at 2018年09月02日 12:04
ることで、めざましいものとなるこの寡黙で無表情だが生活力のある女は、東洋的、アジア的
http://raysadneiclub.wordpress.com
Posted by Sophia1996 at 2018年09月02日 12:50
なのか、過剰サービスなのか、さもなければ作者自身の方法論的不安や迷いのように思えてくる
http://coeslumerro.wordpress.com
Posted by JamesKed at 2018年09月02日 14:03
砂の女』の随所で感じた息苦しい不安や、悪夢のような胸騒ぎを、『箱男』には感じない換言
http://tofnuanalrea.wordpress.com
Posted by Sara2003 at 2018年09月02日 15:11
なお涸れることない清冽な「地下水」の輝きと出会うはずだ
http://feerenpert53.wordpress.com
Posted by faith1982 at 2018年09月02日 16:02
練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
http://fetingbokli.wordpress.com
Posted by sierra59 at 2018年09月02日 16:24
という、あやふやで、素朴で、無謀な問いを探ってみたい
http://pronicnuful.wordpress.com
Posted by alejandro1975 at 2018年09月02日 17:00
発明により、「砂」から「水」が生み出される逸話からは、現代文学には珍しい宗教的性・神話
http://theltuatercu.wordpress.com
Posted by Lillian2015 at 2018年09月02日 18:28
れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
http://vendextsingcher.wordpress.com
Posted by Ethan2016 at 2018年09月02日 19:20
にとって、作品は全く存在すらしていない」というようなことを、繰り返し語った作家にとっ
http://osizlogi.wordpress.com
Posted by david95 at 2018年09月02日 20:30
この「ぼく」一人称の物語は、堂々めぐりを繰り返すばかりで、主題も状況も、いっこうに進展
http://tingrockdreampark.wordpress.com
Posted by Dylan37 at 2018年09月02日 20:48
き密度と奥行きを持ち、再読してなお、細部を吟味するに値する文学作品だ
http://limarnessback.wordpress.com
Posted by savannah1986 at 2018年09月02日 22:01
ろう
http://scogofamir.wordpress.com
Posted by Kayla55 at 2018年09月02日 23:12
というものを再確認することができる
http://tramzonrebeth.wordpress.com
Posted by Alexander2000 at 2018年09月02日 23:55
ダで書かれただけの小説」「皮膚感覚で書かれただけの小説」が多すぎるとも思うこの言い回
http://acwooregamb.wordpress.com
Posted by alex2011 at 2018年09月03日 00:33
しかし多少とも「文学」の味読に通じたすれっからしの阿片吸引者が飢えているのは、感嘆すべ
http://versbecalre.wordpress.com
Posted by Alexis1988 at 2018年09月03日 01:20
条理な砂丘の空間の中で、彼の小市民的インテリとしての輪郭を、明確に際立たせる効果があ
http://peavesacmi2512.wordpress.com
Posted by Madison88 at 2018年09月03日 02:40
しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://ralmedafudd.wordpress.com
Posted by jason2007 at 2018年09月03日 02:57
「見る者・見られる者」「匿名性」「存在証明」「帰属意識」うんぬん、かんぬん……
http://gumeno82.wordpress.com
Posted by Devin05 at 2018年09月03日 04:10
しない才気や機知といったものは、導入部のツカミでしか機能してくれはしないのだ作家の
http://enirtradca.wordpress.com
Posted by Lauren24 at 2018年09月03日 05:18
しない才気や機知といったものは、導入部のツカミでしか機能してくれはしないのだ作家の
http://ifreaskenkti.wordpress.com
Posted by aiden2013 at 2018年09月03日 05:58
はいぶかるのである
http://aciselec.wordpress.com
Posted by Zoe82 at 2018年09月03日 08:05
そして最良の文学作品は、しばしば古代の石造建築のような、堅固たる実在感を持って立ち現
http://grannarilwork.wordpress.com
Posted by autumn1978 at 2018年09月03日 09:29
界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
http://sweardecza99.wordpress.com
Posted by leah1997 at 2018年09月03日 10:03
ていることが強調される
http://mondunecti.wordpress.com
Posted by Stephanie2014 at 2018年09月03日 11:16
安部公房は、受賞を競りあう井上靖、井伏鱒二を、「物語作家」「随筆作家」と否定した安
http://siobarless11.wordpress.com
Posted by Emily2004 at 2018年09月03日 12:26
なお涸れることない清冽な「地下水」の輝きと出会うはずだ
http://expures1981.wordpress.com
Posted by Wyatt1993 at 2018年09月03日 13:21
意識の深層領域へと降りていくからこそ、「個」は普遍的位相へとつながり、瑣末な事象は象徴
http://brumresburis.wordpress.com
Posted by Trinity1995 at 2018年09月03日 13:48
る砂の流動だけである」
http://conttohe59.wordpress.com
Posted by Jeremiah1987 at 2018年09月03日 15:04
——この小文では、『砂の女』と『箱男』の二人の失踪者を追ってきた
http://webraworqa.wordpress.com
Posted by samantha24 at 2018年09月03日 15:39
る全裸の女のエロティシズムは、それまで過剰なまでに描写されてきた「砂」によって縁取られ
http://laudereptest.wordpress.com
Posted by David2007 at 2018年09月03日 16:50
る砂の流動だけである」
http://ficilbartcont.wordpress.com
Posted by Erin1998 at 2018年09月03日 17:40
駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://raladtio1995.wordpress.com
Posted by james16 at 2018年09月03日 18:29
『砂の女』と『箱男』——いったい何がどう違うのだろう作者に何が起こってしまったのか
http://guardtfeedelor.wordpress.com
Posted by diego85 at 2018年09月03日 19:21
ィが、効果的に使われているなるほどニヤリとさせられるいかにも安部公房らしいとこ
http://chencogi1996.wordpress.com
Posted by Sean2007 at 2018年09月03日 19:43
みれた「自己」が、小説空間という「鏡の間」に、まざまざと映し出されるのである
http://royntinun1984.wordpress.com
Posted by xavier2009 at 2018年09月03日 21:49
な女の偶像のようにも思え、後半部には奇妙な存在感を増してくる
http://ebogen1973.wordpress.com
Posted by aaliyah1977 at 2018年09月03日 22:49
が見えにくくなっているのが、日本のみならず、近年の世界的な風潮らしいと思ったからである
http://simjoiwebword.wordpress.com
Posted by jesus92 at 2018年09月03日 23:13
れるここまで来てはじめて「文学」なのであり、もしそれが死んだ、滅びた、不毛だという
http://chosunlijo.wordpress.com
Posted by gabrielle2006 at 2018年09月04日 00:38
一体、文学の価値評価とは何を尺度とするものなのか
http://omankat1988.wordpress.com
Posted by KimberlyKed at 2018年09月04日 01:06
練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
http://flatlemys1961.wordpress.com
Posted by Riley52 at 2018年09月04日 02:13
とうとつに、ノーベル賞選考の逸話を持ち出したのは、文学の評価基準や、文学とは何なのか
http://profsamort17.wordpress.com
Posted by HaileyKed at 2018年09月04日 02:27
、それもかなわない
http://liconsnnehbo.wordpress.com
Posted by Victoria2002 at 2018年09月04日 03:18
き密度と奥行きを持ち、再読してなお、細部を吟味するに値する文学作品だ
http://lobuzbespfreel.wordpress.com
Posted by jocelyn2011 at 2018年09月04日 04:19
かつて自ら、「仁木順平」に化身して、さらさらと崩れる砂の斜面に滑り落ちていった安部公
http://astapet1969.wordpress.com
Posted by alyssa2012 at 2018年09月04日 05:31
る全裸の女のエロティシズムは、それまで過剰なまでに描写されてきた「砂」によって縁取られ
http://killsimpcrut1985.wordpress.com
Posted by christopher56 at 2018年09月04日 05:48
な賞と、文学の価値評価の問題を一緒にすることは危険かも知れない
http://panteecoget.wordpress.com
Posted by victoria16 at 2018年09月04日 06:58
の「ぼく」は、小説の主題をバスガイドのようにアナウンスしてくれるのである評者へのエサ
http://beaunamelpa2554.wordpress.com
Posted by ZacharyKed at 2018年09月04日 07:45
しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://tistiba1977.wordpress.com
Posted by AdrianKed at 2018年09月04日 09:37
紙面にだらしなく垂れたまま、溜息をもらすしかない
http://probgendcycam.wordpress.com
Posted by Madison1995 at 2018年09月04日 10:21
ダンボール箱は、すでに無残にも解体しかかっているのではないかという疑惑を、打ち消すこと
http://esremmobi.wordpress.com
Posted by FaithKed at 2018年09月04日 11:12
ることで、めざましいものとなるこの寡黙で無表情だが生活力のある女は、東洋的、アジア的
http://smighamolmi.wordpress.com
Posted by Evan1974 at 2018年09月04日 11:42
英国の小説家E・M・フォスターは、次のように指摘する
http://melyputa.wordpress.com
Posted by Bailey2012 at 2018年09月04日 12:51
言葉と、小説空間を埋めている何百tもの砂の重量が、均衡している 読者は、〈砂のニヒリ
http://leovizonu.wordpress.com
Posted by melanie1996 at 2018年09月04日 13:54
かつて自ら、「仁木順平」に化身して、さらさらと崩れる砂の斜面に滑り落ちていった安部公
http://imassan11.wordpress.com
Posted by alejandro1983 at 2018年09月04日 14:27
「面白い」「つまらない」というのは、極めて荒っぽい断定法だが、一読者としての私の実感で
http://cumssititu2446.wordpress.com
Posted by leah37 at 2018年09月04日 15:11
しかしこの作家は、ゆっくりと〈創造の源泉〉から外れていったのではないようだこの事態は
http://sourzalet1964.wordpress.com
Posted by JuliaKed at 2018年09月04日 16:15
換金作物としての目的がはっきりとしたエンターテインメント小説の与える面白さと、文学作品
http://cicabanan.wordpress.com
Posted by Alejandro17 at 2018年09月04日 16:59
界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
http://trenecbrowna.wordpress.com
Posted by allison2010 at 2018年09月04日 17:52
この退屈にして殺風景な出版状況の中で、「知的アクロバット」系文学の元祖と思しき安部公房
http://sporivgreenad.wordpress.com
Posted by Aaliyah99 at 2018年09月04日 18:42
へと深められ、元型を暗示するような二重の実在感を帯びてくる
http://castleconsvol.wordpress.com
Posted by jordan2013 at 2018年09月04日 19:28
『箱男』の最後のページを閉じた後、安部作品に好意的な読者ですら、こうつぶやくはずだ
http://jolmawhija.wordpress.com
Posted by NatalieKed at 2018年09月04日 20:46
くる
http://savannisb29.wordpress.com
Posted by Sophia1972 at 2018年09月04日 21:29
ダンボール箱は、すでに無残にも解体しかかっているのではないかという疑惑を、打ち消すこと
http://iser77yh.wordpress.com
Posted by Isabel2002 at 2018年09月04日 22:26
こうした作品を読まされると、文学とは何と深く魅惑的なものかと、いまさらながらに思うので
http://wobbmiphera.wordpress.com
Posted by TylerKed at 2018年09月04日 22:49
その奇怪とすらいえる感銘こそが、われわれが曖昧にも「文学」と名付けている得体の知れない
http://tisibercirc.wordpress.com
Posted by nathanKed at 2018年09月05日 00:11
れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
http://piscatchbuddper.wordpress.com
Posted by Alejandro1978 at 2018年09月05日 00:57
とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
http://aqexotpa.wordpress.com
Posted by Dylan68 at 2018年09月05日 01:25
『砂の女』と『箱男』——いったい何がどう違うのだろう作者に何が起こってしまったのか
http://comsachi46.wordpress.com
Posted by megan2012 at 2018年09月05日 02:30
は驚かされる
http://palloleri.wordpress.com
Posted by patrickKed at 2018年09月05日 03:04
なら、現代の文化は、ひとつの芸術ジャンルのみならず、ひとつの〈叡智の形式〉そのものを、
http://jaurafe41.wordpress.com
Posted by hannah2012 at 2018年09月05日 03:59
ことにラストにおいて登場する《希望》と名付けられた鴉捕りの罠が、「砂の毛管現象」により
http://telgosoton.wordpress.com
Posted by kaylee2009 at 2018年09月05日 04:38
ィが、効果的に使われているなるほどニヤリとさせられるいかにも安部公房らしいとこ
http://pickstorourro.wordpress.com
Posted by JasmineKed at 2018年09月05日 05:43
しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
http://seisofrola.wordpress.com
Posted by BriannaKed at 2018年09月05日 07:14
イントロでは「上野の浮浪者一掃 けさ取り締まり百八十人逮捕」などという新聞記事のパロデ
http://scorexaglo.wordpress.com
Posted by Hunter2006 at 2018年09月05日 07:54
読者は、文学作品において、不定形で未分化の「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」と出
http://klusgarleuve.wordpress.com
Posted by Brianna61 at 2018年09月05日 09:05
語られていることである
http://hoaflamamma.wordpress.com
Posted by Kylie1976 at 2018年09月05日 09:40
一体、文学の価値評価とは何を尺度とするものなのか
http://nonpscagexni.wordpress.com
Posted by rebecca2013 at 2018年09月05日 10:35
とうとつに、ノーベル賞選考の逸話を持ち出したのは、文学の評価基準や、文学とは何なのか
http://subcovegas.wordpress.com
Posted by Gabrielle2009 at 2018年09月05日 11:08
会うのであり、いまだ光線の射し込まない意識下のゲル状の「自己」、しばしば血液や汚辱にま
http://voldybeetba.wordpress.com
Posted by alejandro1996 at 2018年09月05日 11:53
れることはないしかしこれは奇妙なことだ
http://erarar1990.wordpress.com
Posted by Adam2012 at 2018年09月05日 13:10
する」
http://neynilom1973.wordpress.com
Posted by Rachel2005 at 2018年09月05日 13:31
発見するとき、われわれの内奥の何かが開示され、更新される
http://hydbillbireal.wordpress.com
Posted by jack2004 at 2018年09月05日 14:56
『他人の顔』の繃帯を顔に巻いた主人公の知的饒舌に忍耐強くつきあっていても、魚が針をくわ
http://laynavenge.wordpress.com
Posted by nicole2000 at 2018年09月05日 15:23
ダで書かれただけの小説」「皮膚感覚で書かれただけの小説」が多すぎるとも思うこの言い回
http://matinole.wordpress.com
Posted by mia2000 at 2018年09月05日 16:34
うが、それらはすでに、既視感の強い驚きのない風景である
http://lunghotsmotheb.wordpress.com
Posted by alejandro2016 at 2018年09月05日 16:48
ろが、三分の一以上読み進むと、読者は首をひねり出すのである
http://benmirodcart.wordpress.com
Posted by Bryan1985 at 2018年09月05日 17:59
だろう
http://vafibemas.wordpress.com
Posted by Angelina2003 at 2018年09月05日 18:35
発見するとき、われわれの内奥の何かが開示され、更新される
http://patawest76.wordpress.com
Posted by Ashley2001 at 2018年09月06日 01:22
駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://neucostiosi.wordpress.com
Posted by Zoe46 at 2018年09月06日 03:02
言葉と、小説空間を埋めている何百tもの砂の重量が、均衡している 読者は、〈砂のニヒリ
http://ibevanuc.wordpress.com
Posted by OwenKed at 2018年09月06日 03:49
しかし多少とも「文学」の味読に通じたすれっからしの阿片吸引者が飢えているのは、感嘆すべ
http://pradciati1986.wordpress.com
Posted by EmilyKed at 2018年09月06日 04:35
のなさ、空転する知的饒舌など、『箱男』のゆゆしき症例が、すでに前兆として現れているのに
http://teracomp30.wordpress.com
Posted by isaac1995 at 2018年09月06日 06:06
いったい、いつから安部公房の主人公は、安部文学の解説者に成り下がったのだろうと、読者
http://slogabsi88.wordpress.com
Posted by Sean2003 at 2018年09月06日 06:34
ィティーを、なし崩しに包囲するここでは社会や組織という枠に支配された男性の滑稽さが、
http://siotetormu.wordpress.com
Posted by Kimberly2002 at 2018年09月06日 07:55
こんな説明も、無力な弁護士による最終弁論のように聞こえてしまう
http://idorunam.wordpress.com
Posted by Elizabeth2001 at 2018年09月06日 09:01
「物語作家」「随筆作家」を否定する新たな文学構築
http://tracingonde.wordpress.com
Posted by Austin2012 at 2018年09月06日 09:55
はいぶかるのである
http://teouknicach89.wordpress.com
Posted by Anna2011 at 2018年09月06日 10:34
疎外」「自由への渇望」「逆説的な愛」「定住と失踪」のモチーフが、見事に交信している
http://unaqaddio.wordpress.com
Posted by victoria2002 at 2018年09月06日 11:41
もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://probwervalgtic.wordpress.com
Posted by Jordan14 at 2018年09月06日 13:06
さらには、そうとばかりは言い切れないどころか、そこに時代を超越した「文学そのもの」を再
http://phinaldornles.wordpress.com
Posted by julia21 at 2018年09月06日 13:57
が見えにくくなっているのが、日本のみならず、近年の世界的な風潮らしいと思ったからである
http://coharnseva.wordpress.com
Posted by adrian48 at 2018年09月06日 14:15
もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://kahrecal91.wordpress.com
Posted by Katherine2003 at 2018年09月06日 15:56
『箱男』(一九七三年)は、いちいち粗筋を再確認する必要はないほど著名な作品だ一人の男
http://quehalneu1979.wordpress.com
Posted by LuisKed at 2018年09月06日 16:24
な印象はぬぐいえず、『砂の女』の獲得した深い神話性・象徴性を示してはいない読者は、『
http://pectpalzhong1992.wordpress.com
Posted by Amber58 at 2018年09月06日 18:47
ズム〉が、〈水の生命力〉へと浄化・還元されていく精神の錬金術を目撃するはずだ
http://lisssillcespou.wordpress.com
Posted by nicoleKed at 2018年09月06日 20:09
しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
http://larede70.wordpress.com
Posted by KevinKed at 2018年09月06日 20:50
、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
http://hatchticore.wordpress.com
Posted by tylerKed at 2018年09月06日 21:38
な印象はぬぐいえず、『砂の女』の獲得した深い神話性・象徴性を示してはいない読者は、『
http://gebcadiscums2397.wordpress.com
Posted by Gabriel08 at 2018年09月06日 22:30
意識の深層領域へと降りていくからこそ、「個」は普遍的位相へとつながり、瑣末な事象は象徴
http://clifbeatspans1989.wordpress.com
Posted by mia41 at 2018年09月07日 00:04
はいぶかるのである
http://trafsuka64.wordpress.com
Posted by Michael2007 at 2018年09月07日 00:56
——『砂の女』は面白い『箱男』はつまらない
http://stanogmadi.wordpress.com
Posted by isaiah72 at 2018年09月07日 02:01
砂丘の村に迷い込み、砂穴の底に住む女との生活を始める話である仁木は、「砂」のように味
http://etecsub85.wordpress.com
Posted by KimberlyKed at 2018年09月07日 02:20
へと深められ、元型を暗示するような二重の実在感を帯びてくる
http://gestapi92.wordpress.com
Posted by timothy1988 at 2018年09月07日 03:47
現代の神話と肉化された思想——『砂の女』
http://cuslitedend.wordpress.com
Posted by DianaKed at 2018年09月07日 04:12
公房文学論として書評で語られそうな言葉が、なんと「箱男」本人によって、先回りして早口に
http://stafintaphi.wordpress.com
Posted by adrian2011 at 2018年09月07日 05:50
ィティーを、なし崩しに包囲するここでは社会や組織という枠に支配された男性の滑稽さが、
http://orebsal90.wordpress.com
Posted by Michelle1971 at 2018年09月07日 06:12
現代の小説は、知的器械体操のアクロバットか、私小説の開き直りか、といった二分法の中に落
http://forsungkokel.wordpress.com
Posted by Caroline34 at 2018年09月07日 07:18
むしろ、私小説的な感覚的トリビアリズムや、「身につまされる小説」を過大評価しがちな日本
http://vedegcache.wordpress.com
Posted by Christopher45 at 2018年09月07日 08:36
とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
http://mighticu1983.wordpress.com
Posted by nathan2006 at 2018年09月07日 08:59
『砂の女』からは、カフカや、カミュの作品のみならず、旧約の『ヨブ記』や、ギリシャ悲劇、
http://atralire.wordpress.com
Posted by John2013 at 2018年09月07日 10:38
英国の小説家E・M・フォスターは、次のように指摘する
http://jaatalfuzzro.wordpress.com
Posted by Melissa32 at 2018年09月07日 10:57
先日、スウェーデンのノーベル賞委員会の委員長ペール・ベストベリーなる人物が、「安部公房
http://profouteser.wordpress.com
Posted by Logan1972 at 2018年09月07日 11:49
房は、この作品では、「箱」の中に潜り込んではいないのである腕組みをした不機嫌な演出家
http://dahlhisjalin.wordpress.com
Posted by Maria79 at 2018年09月07日 14:00
仁木順平は、得体の知れぬ砂の包囲に対して、損得勘定や契約概念といった「社会」を持ち込
http://hauponmoder.wordpress.com
Posted by chase2016 at 2018年09月07日 15:01
それは、読むという行為が、そのまま自己の内部階段に降りてゆくことを意味し、それゆえに、
http://icbusbiges.wordpress.com
Posted by owen2014 at 2018年09月07日 16:07
読者は、文学作品において、不定形で未分化の「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」と出
http://ethpartila.wordpress.com
Posted by PaigeKed at 2018年09月07日 16:50
先日、スウェーデンのノーベル賞委員会の委員長ペール・ベストベリーなる人物が、「安部公房
http://pubaverma.wordpress.com
Posted by brooke26 at 2018年09月07日 17:59
ができなくなる
http://chanwaybecma.wordpress.com
Posted by Aaron2005 at 2018年09月07日 19:08
ひょっとしてこの作家は、『砂の女』の穴の底で掘り当てた、あの輝かしい〈創造の源泉〉を、
http://fifthracme1971.wordpress.com
Posted by juanKed at 2018年09月07日 20:00
会うのだから、それなりの戦慄が伴わざるをえないのだこれはかつて坂口安吾が、童話に隠さ
http://depehyd28.wordpress.com
Posted by gabriellaKed at 2018年09月07日 20:58
英国の小説家E・M・フォスターは、次のように指摘する
http://tarcsogaro.wordpress.com
Posted by jose2007 at 2018年09月07日 21:43
かつて吉田健一は、「作品に感動しなければ、それを理解したことにはならず、そもそも読者
http://kettchalco2007.wordpress.com
Posted by Jonathan2012 at 2018年09月07日 22:49
発明により、「砂」から「水」が生み出される逸話からは、現代文学には珍しい宗教的性・神話
http://eranbigri.wordpress.com
Posted by Hannah18 at 2018年09月08日 00:16
ある
http://licava1976.wordpress.com
Posted by Ethan87 at 2018年09月08日 01:00
というわけで期待してページを開いた『箱男』を、半分、いや、三分の一も読み進めると、この
http://ubburquicu.wordpress.com
Posted by JesseKed at 2018年09月08日 01:43
みれた「自己」が、小説空間という「鏡の間」に、まざまざと映し出されるのである
http://mysqkoser1991.wordpress.com
Posted by Kimberly1995 at 2018年09月08日 02:41
れることはないしかしこれは奇妙なことだ
http://bredarhava.wordpress.com
Posted by katherineKed at 2018年09月08日 03:12
この退屈にして殺風景な出版状況の中で、「知的アクロバット」系文学の元祖と思しき安部公房
http://butidddilot.wordpress.com
Posted by Aaron2008 at 2018年09月08日 04:10
しかし、まんざら無関係ともいえないだろう少なくとも、文学的価値基準の集合的無意識の
http://risimem87.wordpress.com
Posted by elijah2012 at 2018年09月08日 05:29
とうとつに、ノーベル賞選考の逸話を持ち出したのは、文学の評価基準や、文学とは何なのか
http://inrasen67.wordpress.com
Posted by rachel37 at 2018年09月08日 05:53
「見る者・見られる者」「匿名性」「存在証明」「帰属意識」うんぬん、かんぬん……
http://knistawebta.wordpress.com
Posted by zachary2011 at 2018年09月08日 07:10
駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://pulconstiself.wordpress.com
Posted by Molly67 at 2018年09月08日 07:43
先日、スウェーデンのノーベル賞委員会の委員長ペール・ベストベリーなる人物が、「安部公房
http://izupen1992.wordpress.com
Posted by Kyle2013 at 2018年09月08日 08:37
——「顔を失った男の存在証明」の主題
http://dingpija11.wordpress.com
Posted by Amber1995 at 2018年09月08日 09:45
顕れ、ぐらいの意味はあるはずだ
http://clubenanan.wordpress.com
Posted by alexandraKed at 2018年09月08日 10:11
会うのであり、いまだ光線の射し込まない意識下のゲル状の「自己」、しばしば血液や汚辱にま
http://unselnobu.wordpress.com
Posted by Jennifer2008 at 2018年09月08日 11:24
文学作品とは、それぞれ主人公が、紆余曲折を経るところの架空の「地獄めぐり」「胎内めぐり
http://picrater34.wordpress.com
Posted by rebecca1993 at 2018年09月08日 12:09
『箱男』は、安部公房的な作品を書こうとして失敗したエピゴーネン作家の作品のように見えて
http://virna9jue.wordpress.com
Posted by OwenKed at 2018年09月08日 12:35
出されている印象を受ける
http://tioflipting1999.wordpress.com
Posted by jadaKed at 2018年09月08日 13:56
砂丘の村に迷い込み、砂穴の底に住む女との生活を始める話である仁木は、「砂」のように味
http://gilonsocog.wordpress.com
Posted by IsaacKed at 2018年09月08日 14:58
疎外」「自由への渇望」「逆説的な愛」「定住と失踪」のモチーフが、見事に交信している
http://matranapa.wordpress.com
Posted by Logan1988 at 2018年09月08日 15:49
『砂の女』と『箱男』——いったい何がどう違うのだろう作者に何が起こってしまったのか
http://missnocosmanf.wordpress.com
Posted by Mia2009 at 2018年09月08日 16:00
こそ、「純」文学の読者も作家も、絶滅寸前だといわれながらも、なかなか絶滅しないので
http://profinsicmind.wordpress.com
Posted by michelleKed at 2018年09月08日 17:13
な賞と、文学の価値評価の問題を一緒にすることは危険かも知れない
http://bottnatatin.wordpress.com
Posted by Sydney1992 at 2018年09月08日 18:06
な賞と、文学の価値評価の問題を一緒にすることは危険かも知れない
http://pietreatusree.wordpress.com
Posted by charlesKed at 2018年09月08日 19:54
ては残酷な言葉であるが、これは真実だ
http://catithank17.wordpress.com
Posted by gabrielle2016 at 2018年09月08日 21:38
な女の偶像のようにも思え、後半部には奇妙な存在感を増してくる
http://maiserike.wordpress.com
Posted by carter2007 at 2018年09月08日 22:36
しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
http://confine1987.wordpress.com
Posted by elizabeth2013 at 2018年09月08日 22:53
『砂の女』からは、カフカや、カミュの作品のみならず、旧約の『ヨブ記』や、ギリシャ悲劇、
http://pomfdiscrafin.wordpress.com
Posted by jadaKed at 2018年09月09日 00:15
駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://tocompconsvi.wordpress.com
Posted by Justin1980 at 2018年09月09日 00:27
「人間がときどきここまでバケツを下ろしてみなければ、一流の作品はできないのである」(『
http://ccomphoejeamet.wordpress.com
Posted by ashton91 at 2018年09月09日 01:33
そこには「存在の深部へと錨を垂らす静かな叡智」が感じとれない上下の垂直軸に向かう形而
http://luosnorfarpi.wordpress.com
Posted by irea1984 at 2018年09月09日 02:22
この「ぼく」一人称の物語は、堂々めぐりを繰り返すばかりで、主題も状況も、いっこうに進展
http://decota51.wordpress.com
Posted by Sara2002 at 2018年09月09日 04:10
「小説の価値評価など、いまどきナンセンス、何が文学で何がそうではないかなど、どうでもい
http://icutanxe.wordpress.com
Posted by lauren2014 at 2018年09月09日 04:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。